たびりらについて

足袋の快適さとエスパドリーユの気持ちよさを兼ね備えた「たびりら」は
靴の窮屈さをなくし、素足に近い履き心地を実現しています
旅先でのリラックスタイムに、休日のおでかけに…
自分らしく過ごすひとときに、ぴったりの履物です

LINE UP

商品に関するお問い合わせ

国内生産

「たびりら」は、岡山・倉敷の老舗ファクトリーでつくられています

自社工場生産ライン

倉敷・茶屋町の自社工場で、
職人による手づくりです

「たびりら」は岡山県倉敷市茶屋町にある、丸五本社の自社工場で生産されています。1919年の創業以降変わらない“のこぎり屋根”のファクトリーで、熟練の職人たちが一つひとつ丁寧な手仕事でつくりあげています。また、ソール(靴底)は経験豊富な丸五の技術を活かし、滑りにくく耐久性のあるソールを「たびりら」に採用しています。


  • 裁断した生地を縫製し、アッパー(甲部)を作製。

  • アッパーを靴型にかぶせる作業(吊り込み作業)。

  • アッパーとソール(靴底)に接着剤を塗布し、貼り合わせる圧着作業。

素材工場生産ライン

倉敷の老舗帆布メーカー
「タケヤリ」の帆布生地を使用

素材は老舗帆布メーカー「株式会社タケヤリ」製、綿100%の帆布生地を使用。通常の帆布にはない「たびりら」独自の特殊な織り方を採用し、美しい柄とさらっと心地よい肌あたりを実現しています。加えて、染め作業はデニムの聖地倉敷・児島で手がけています。履き込むほどに豊かな風合いが醸し出されます。


  • 経糸を巻いている作業。

  • 革新織機(かくしんしょっき)によって織られていく「たびりら」の生地。

  • 完成した生地を検品するタケヤリ・武鑓達也氏と、丸五・三島あゆみ。

販売店様のご紹介

おかげさまで、販売店様拡大中です

たびりらSHOP LIST

Biwaかれん 浅草EKIMISE店
〒111-0033 東京都台東区花川戸1-4-1 浅草駅ビル「EKIMISE」7F
Googleマップで見る) TEL.03-6802-8177

平尾章子様
さくっと履けて足にフィットするところがいいですね。「ちょうどいい靴下」とともに好評です。お客様から「О脚が改善されてきた」「腰の痛みが軽くなった」という声も頂戴しています。また当店では、地下足袋と洋服とのコーディネートも提案しております。気軽にお声がけください。

スタイリッシュな和風小物のお店です。もともと弊社の「ASSABOOTS」の取扱いをきっかけに、おつきあいをさせていただいています。平尾さんは本当に素敵な女性で、お客様にも大人気!「たびりら」もどんどんご紹介ください。

ハレマチ特区365(イオンモール岡山5F)
〒700-0907岡山県岡山市北区下石井1-2-1(Googleマップで見る
TEL.086-206-7204

おくりものマイスター:大塚小百合様
贈り物や、足の悩みを持つお客様に好評です。あるお客様が外反母趾で「たびりら」を試し履きされた際「すごくいい!」と、購入してそのまま履いて帰られたんですよ。私も実際に履いておりまして、長時間の立ち仕事が多いのですが、この「たびりら」を履いていると本当に疲れません。

ご自身でも愛用くださり、ありがとうございます!外反母趾は靴を履くたびに壮絶な痛みを伴うと聞きます。お客様の痛みが「たびりら」によって少しでも軽減されたら幸いです。「岡山のいい品」として、これからもご紹介ください。

お客様の声

「たびりら」をご愛用くださっているお客様にインタビュー

09

バンコクで心地よく履いています。

バンコク在住 T・Aさん


「たびりら」は素足で歩いているような軽さが気に入っています。締めつけ感はないのに、フィット感は抜群。しかも蒸れないので、とても心地よく街中を歩いています。週に一度、公園で行われている太極拳に履いて行っていますが、仲間にも羨ましがられています。
また、ゴルフのラウンド後にもぴったりで、ゴルフシューズの締めつけ感から解放されて“サバーイ(気持ち良い)”です。ワンピースやスカートにも合うので、リゾートホテルでも活躍しています。

バンコクからありがとうございます。普段はサンダルを履かれる機会が多いそうで、気に入ってくださって何よりです。太極拳のお仲間にも評判が良いようで、嬉しいです。リゾートシーンでも「たびりら」を楽しんでくださいね。

08

名古屋観光やお伊勢参りにお出かけです。

Y・Mさん


名古屋市内観光や名古屋城見物、お伊勢参りに「たびりら」を持ってお出かけです。とくに伊勢は範囲が広く、全ての神社を巡ることができ、達成感がありました。「たびりら」は通気性が良く、履いている感覚がなくて脱ぎ履きも楽!街を歩きまわるにはちょうど良かったです。ただソールが薄いので、玉砂利や岩場などでは足裏が痛くなりました。東京へ旅行する予定がまたあれば、「たびりら」を履いて、江戸の街歩き…なんかもしてみたいですね。

楽しい旅のご報告、ありがとうございました。玉砂利の上では、なんだか強めの足つぼマッサージのようですね。今後の開発に役立てたいと思います。次はぜひ、東京でも「たびりら歩き」を楽しんでみてくださいね。

07

国宝の松江城に行ってきました。

M・Kさん


国宝の松江城に行ってきました。堀川遊覧船に乗り、ゆっくりのんびり松江城を楽しみました。「たびりら」は、とにかく軽く快適です。土踏まず部分がカーブしているので、足裏にフィット!しかも脱げにくく、歩きやすいです。階段の上り下りも楽々で、靴擦れもできませんでした。長時間履いていても、足がむくみにくいです。海外旅行の時は、機内で履いても楽な気がするし、お出かけにはいつでも履いていたいです。雨の日や寒い日でも履けるものがあると嬉しいですね。

遊覧船でのんびり国宝を楽しむ旅、良いですね!快適に履いていただけて、嬉しいです。機内やホテルでのひとときや、たくさん歩く旅先でも、軽くフィットする「たびりら」と一緒にどんどん楽しんでください。

06

飛行機旅行や空港巡りが趣味です。

K・Jさん


空の旅や空港巡りが趣味です。「たびりら」は、今回の旅で大活躍。機内やホテルで配られるスリッパは、サイズが大きすぎて日本人向けではないのですが、「たびりら」は素足でもフィットして履き心地が良く、とても快適でした。軽くて持ち運びがしやすいのも素晴らしい。「たびりら」が外国人との話のきっかけになることもあり「ninja shoes!」「どこで手に入るんだい?」など楽しいひとときでした。まさに“旅”先で“リラ”ックスできる履物ですね。

スリッパにはないフィット感や、持ち運びのしやすさを感じていただけたことはもちろん、異文化コミュニケーションのきっかけにもなれたようで嬉しいです。これからも「たびりら」での旅を楽しんでください。

05

子どもと小豆島の旅へ。

Y・Mさん


「たびりら」と「ASSA BOOTS KIDS」を連れて、小豆島に旅行へ行ってきました。普段はビーチサンダルを履くことが多いため、蒸れるかと思ったのですが、「たびりらにちょうどいい靴下」と重ねて履いても予想外に快適に過ごせました。小さい子供がいると、しゃがんだり、追いかけたり、抱き上げたりと激しい動作が多いのですが、「たびりら」は素足に滑り止めが付いた様な感覚で履けて、安定するので安心です。両手が塞がっていても脱ぎ履きしやすく、汚れても丸洗いできるのも嬉しいですね。これからも「たびりら」をお供に、家族でいろんな場所に遊びに行こうと思います。

素敵な写真とレポート、ありがとうございます!フィット感抜群なので動きやすさはもちろん、通気性もよく、快適に履いていただけると思います。「たびりら」「ASSA BOOTS KIDS」と一緒に、これからもご家族で旅を楽しんでくださいね。

04

寝台特急で出雲旅を満喫。

M・Mさん


たびりらを連れて、ずっと乗りたかった寝台特急サンライズ出雲で旅をしてきました。寝台列車にはスリッパが付いていましたが、よく揺れるため、たびりらが大活躍!温泉宿では、ちょっとぶらぶらするのに重宝しました。コンパクトで持ち運びが苦にならないところも良いですね。たびりらを履いて訪れた出雲大社では、足裏マッサージのような足裏の感覚が楽しかった。履き心地抜群なので、ちょっとしたお出かけや、車の運転など、これからもたくさん履いて歩きたいです。新しいデザインにも期待しています。

楽しい旅の、まさにリラックスタイムに活躍できたようで何よりです。新感覚な履き心地と、ほど良いフィット感を楽しみつつ、これからも色んな旅へ「たびりら」を連れて行ってくださいね。

03

ドライブにもぴったり。

野鶴美和さん


ドライブが好きなので、運転しやすい靴底の薄い靴を選んでいます。「たびりら」は歩きやすいうえに、しなやかで靴底も薄いので運転にもピッタリですね。足との一体感に驚きました。踵が程よく丸みがあるので、アクセル操作も快適にできますし、ヒール&トーもしやすいです。私は足のサイズが23.5㎝なのですが、24.0㎝に「たびりらにちょうどいい靴下」を履いて調整しています。つま先が厚くなっているので、本当に“ちょうどいい”感じですよ。

運転にもピッタリとは新発見ですね!地下足袋ならではの薄くて柔軟なソールは、足本来の素足感覚を実現しています。これからも「たびりら」と一緒に、大切な愛車でのドライブを楽しんでくださいね。

02

デニムファッションと相性抜群。

片山章一さん

岡山県倉敷市児島の喫茶店「ワーゲン」店主、併設「国産ジーンズ資料館」館長

いままで履いていた靴と全然違いますね。蒸れないし、軽快だし、足とのフィット感がやみつきになります。私は飲食業をしていて立ち仕事が多いのですが「たびりら」を履いていると疲れませんね。お客様からも「おしゃれだね」とか「どこで買えるの?」とよくたずねられますよ。滑らなくて安定性が良いので、仕事中はもちろん自動車を運転するときも履いています。履くときはやっぱり、素足が一番気持ちいいです。大好きなジーンズともよく合って、大のお気に入りです。

BIG JOHNさんのブログでご紹介くださり、ありがとうございます。デニムファッションと「たびりら」のコラボ、とてもお似合いです。大好きなジーンズとのコーディネートを、これからも楽しんでください。

BIG JOHN様ブログ

01

子どもたちと一緒に。

ディパラ理絵さん
愛伝ケリーくん、丈流リオくん
是偉エニスくん

沖縄に住んでいた頃、子どもたちはほとんど裸足で過ごしていたので、公園で遊ぶ時になかなか靴を履いてくれなかったのですが、足袋(ASSABOOTS)を履いてからは、裸足に近いせいか「気持ちいい、ラク!」と大のお気に入りになっています。私はヨガをしていて、体の片側に体重が掛かりすぎているとよくわかるのですが、「たびりら」を履くと、体の重心バランスが良くなるのを感じます。ただ、もう少し安ければな(笑)。でも、同じ値段の靴があれば「たびりら」を選びますね。この子たちがもう少し大きくなったら「たびりら」と「ASSABOOTS」を履いて、大自然を一緒に走りまわってみたいです。

インタビューへのご協力、ありがとうございました!天真爛漫なお子様たち、とっても可愛らしいですね。これからも、ご家族で「たびりら」と「ASSABOOTS」をご愛用ください。